足袋ソックス工場見学

みなさんご存知でしょうか?奈良県は靴下の生産量が国内No.1なんですよ。

そのほとんどが、広陵町と大和高田市でつくられています。

Shop TABI-JIのオリジナル足袋ソックス“奈良足袋”をつくって頂いているメーカーももちろん、まさに“made in 奈良”の足袋ソックスです。

 

昨日12/20、奈良足袋がどのようにつくられているのか、工場見学に行ってきました。 

すみません・・・。

写真を撮ってきたのですが、誤ってデータ削除してしまいました・・・(泣)

 

足袋ソックスの生産は、普通のソックス同様、丸編み機でつくられます。

筒状に編まれたものが機械からシュポンッと出てきますが(1足編みあげるのに4~5分かかるそうですよ)、その時点では爪先が閉じられておらず、そこから足袋ソックスのあの二股の形にカットされ、縫製されてできあがり。最後の縫製工程は今でも手作業だそうです。

工場は24時間フル稼働!たくさんの機械が一生懸命編んでいました。

 

国内生産品が少なくなるなか、オリジナル商品を国内でつくれて、しかも地元奈良県産なんて、なんと貴重なんでしょうか。ぜひたくさん広めていきたいです。

 

今後また新しいデザインやサイズ展開も予定していますので、楽しみにお待ちください。

 

それでは、今後ともShop TABI-JIをよろしくお願いします。

http://www.tabi-ji.jp/